ハンガリー食品・雑貨輸入通販 コツカマチカ

商品一覧へ

トップ  >  ハンガリーの絵本  >  レイク・カーロイ

ハンガリー文化・芸術の最高峰
“コシュート賞”を受賞した
国を代表する挿絵画家。
ハンガリーのクラシック絵本
その多くが彼のイラストで彩られています。

レイク・カーロイ (1922-1988)

Reich Károly

レイク・カーロイ

1922年、バラトンセメシュ生まれ。イラストレーター。

自然あふれるバラトン湖近郊にて子ども時代をすごし、その影響は緑豊かで色彩に富んだ自身の作品にも表れている。
国立工芸大学、美術大学を経て広告デザイナーとなり、のちにイラストレーターに転身。
バラシ・バーリント(Balassi Bálint)やペトゥーフィ・シャンドル(Petőfi Sándor)等、名だたる作家の文学作品や、児童書を含む数多くの本の挿絵を手掛け、その数は約500冊にも上る。

ハンガリーでは誰もが知る、戦後もっとも有名な挿絵家であり、今日においてもなお多くのファンを誇る、国を代表するイラストレーターの1人である。

受賞歴(抜粋)
1954年、1956年 ムンカーチ・ミハーイ賞(Munkácsy Mihály-díj)
1963年 コシュート賞(Kossuth-díj)     ほか多数
主な作品
A három nyúl(3びきのうさぎ)  作:ゼルク・ゾルターン
A nagyhatalmú sündisznócska(もりのたいしょうははりねずみ)  作:モーラ・フェレンツ
A szitakötők szigetén(とんぼの島のいたずら子やぎ)  作:バーリント・アーグネシュ    ほか多数
東欧の絵本

*商品一覧
Item list

ページトップへ