ハンガリー食品・雑貨輸入通販 コツカマチカ

商品一覧へ

トップ  >  ハンガリーの絵本  >  レーベル・ラースロー

風刺画・アニメ・広告デザインと
キャリア豊富なイラストレーター。
シンプルなラインから生み出されるイラストは
作家たちの世界観を完璧に表現。
彼の携わった作品は、世界中で愛されています。

レーベル・ラースロー (1920-2001)

Réber László

レーベル・ラースロー

1920年、ブダペスト生まれ。イラストレーター、風刺画家。

もともと陸上の槍投げ選手だったが、ソ連の強制収容所にて、イラスト描写の技術を習得。
解放後は風刺新聞「Szabad Száj 」にて風刺画家として活躍し、のちにニュースやドキュメンタリーのアニメ部門の制作に携わる(有名なものに「ルダシュ・マチ」などがある)。

その他、広告デザイン等幅広く活動、1952年以降は出版物のイラストも手掛けるようになる。

特にヤニコヴスキー・エーヴァ(Janikovszky Éva)やラーザール・エルヴィン(Lázár Ervin)の作品においては、専属的に挿絵を提供し、両著者の世界観に不可欠の存在となるとともに、児童書の挿絵家として広く認知されるようになり、現在も国内外多くのファンに支持されている。

受賞歴(抜粋)
1967年、1993年 ムンカーチ・ミハーイ賞(Munkácsy Mihály-díj)
1979年、1980年、1984年、 1986年、1988年、1999年
ハンガリー書籍大賞(Szép Magyar Könyv verseny díj)     ほか多数
主な作品
Ha én felnőtt volnék(もしもぼくがおとなだったら) 作:ヤニコヴスキー・エーヴァ
Velem mindig történik valami(なんでぼくだけこうなるの?) 作:ヤニコヴスキー・エーヴァ
Kire ütött ez a gyerek?(この子いったい誰に似たの?) 作:ヤニコヴスキー・エーヴァ     ほか多数
東欧の絵本

*商品一覧
Item list

ページトップへ