ハンガリー食品・雑貨輸入通販 コツカマチカ

トップ  >  ハンガリーの絵本  >  日本語の絵本  >  もしもぼくがおとなだったら…

*もしもぼくがおとなだったら…

コツカマチカの商品写真

作:ヤニコヴスキー・エーヴァ、絵:レーベル・ラースローのハンガリーの絵本、「もしもぼくがおとなだったら…(日本語版)」です。

原産国
日本
分類
新書
ヤニコヴスキー・エーヴァ
レーベル・ラースロー
マンディ・ハシモト・レナ ( 文溪堂)
商品コード
J-006
DM便対応
可能

1,512円(税込)

サイズ(mm) W190×D236×H9
ページ数 34ページ
特記事項 ご注文いただく商品の組み合わせによっては、DM便対応ができなくなる場合もございます。詳細は、配送についてのページをご覧ください。

◆作品紹介
もしもぼくがおとなだったら…

大人はいつも子どもに言う。
「手を洗いなさい」とか、「セーターをきなさい」とか、“僕”がいい子でいるように、いつもいつも命令ばかり。
でも、もしも“僕”が大人だったら、あんなことやこんなこと、やりたいことがたくさんある !

たとえば・・・。

ハンガリー国内外で数々の賞を受賞、高い評価を受けている児童書作家、ヤニコヴスキー・エーヴァ(Janikovszky Éva)の代表的作品のひとつで、同じく世界的に有名なイラストレーター、レーベル・ラースロー(Réber László)のイラストとともに作り上げられた作品。
誰もが子どもの頃考えた、大人への不満や、大人になったらやりたいことを、想像力の限り表現しています。
子どもにとって共感できる内容なだけでなく、大人にとっても忘れていた子どもの頃の気持ちを思い出したり、大人になった自分を省みるきっかけになる、心に強く残る名作絵本です。

◆イラスト
レーベル・ラースロー Réber László (1920-2001)

レーベル・ラースローイメージ

1920年、ブダペスト生まれ。イラストレーター、風刺画家。
もともと陸上の槍投げ選手だったが、ソ連の強制収容所にて、イラスト描写の技術を習得。解放後は風刺新聞「Szabad száj」にて風刺画家として活躍し、のちにニュースやドキュメンタリーのアニメ部門の制作に携わる(有名なものに「ルダシュ・マチ」などがある)。

その他、広告デザイン等幅広く活動、1952年以降は出版物のイラストも手掛けるようになる。特にヤニコヴスキー・エーヴァ(Janikovszky Éva)やラーザール・エルヴィン(Lázár Ervin)の作品においては専属的に挿絵を提供し、両著者の世界観に不可欠の存在となるとともに、児童書の挿絵家として広く認知されるようになり、現在も国内外多くのファンに支持されている。

!ご購入いただく前に (必ずお読みください)

本製品は輸入品ではございません。
また、ご注文いただく商品の数や組み合わせにより、DM便対応が出来なくなる場合があります。(絵本のみのご購入の場合、DM便対応は1冊まで。他の商品をあわせてご購入の場合、他の商品の点数によりDM便不可となる場合があります)
詳細は、配送についてのページをご覧ください。

*関連商品
Related Items

ページトップへ